読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PGメモ

非エンジニアの記録

swfmillで生成したxmlをひも解いてみる シンプル編

swfmillはswfをxmlに変換することができます。
そのxmlを見てみることにした。
使用したのはcs5。swfmillのバージョンは0.2.12
とりあえずパブリッシュしただけのものをxml化してみた。
サイズは240x300、フレームレートは12、背景色は白
以下が全文

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<swf version="10" compressed="1">
  <Header framerate="12" frames="1">
    <size>
      <Rectangle left="0" right="4800" top="0" bottom="6000"/>
    </size>
    <tags>
      <FileAttributes hasMetaData="1" useNetwork="0"/>
      <Metadata>
        (metadata)
      </Metadata>
      <SetBackgroundColor>
        <color>
          <Color red="255" green="255" blue="255"/>
        </color>
      </SetBackgroundColor>
      <ShowFrame/>
      <End/>
    </tags>
  </Header>
</swf>

flashplayerのバージョンとムービーの圧縮です。1で圧縮、0で非圧縮です

<swf version="10" compressed="1">

フレームレートと総フレーム数です

<Header framerate="12" frames="1">

ステージの大きさです、なぜか数字は20倍。

<size>
  <Rectangle left="0" right="4800" top="0" bottom="6000"/>
</size>

この中に実際の情報が入っていきます

<tags></tags>

ファイル情報が入ります。

<FileAttributes hasMetaData="1" useNetwork="0"/>

メタデータが入ります。中身はRDFなどで書かれ、descriptionやCreateTool、CreateDateが入ります

<Metadata></Metadata>

背景色です。今回は白なので全部255

<SetBackgroundColor>
  <color>
    <Color red="255" green="255" blue="255"/>
  </color>
</SetBackgroundColor>

フレームの区切りとフレーム終了です

<ShowFrame/>
<End/>