読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PGメモ

非エンジニアの記録

GitHubで初めてのコミット

まず始めにリポジトリを作ります。

GitHubの画面の右下にある「New repository」をクリック

リポジトリの名前を入れます

完成


次いでローカルリポジトリを作ります・・が
その前に初期設定をします

$ git config --global user.name '<user_name>'
$ git config --global user.email '<user_email>'
$ git config --global alias.co checkout
$ git config --global alias.st status
$ git config --global alias.ci commit

ローカルリポジトリ作ります。
まずは適当な箇所にディレクトリを作って移動します

$ mkdir /var/www/tutorial
$ mv /var/www/tutorial

移動したらディレクトリを初期化します
これで.gitが作成され、管理下におかれました。

$ git init
Initialized empty Git repository in .git/

なんでもいいのでファイルを作ります

$ vim sample.txt
$ git st
# On branch master
#
# Initial commit
#
# Untracked files:
#   (use "git add <file>..." to include in what will be committed)
#
#       sample.txt

インデックスに登録します

$ git add sample.txt
$ git st
# On branch master
#
# Initial commit
#
# Changes to be committed:
#   (use "git rm --cached <file>..." to unstage)
#
#       new file:   sample.txt
#

コミットします

$ git commit -m "first commit"
[master (root-commit) 6069b73] first commit
 1 file changed, 1 insertion(+)
 create mode 100644 sample.txt

ここからリモートリポジトリにようやくコミットをしていきます

まずは名前を付けます。今後はoriginという名前にします

$ git remote add origin <リポジトリのURL>

pushします。ユーザー名とパスワードを求められるので登録したものを入れてください。

$ git push origin master

これでGitHub上にコミット完了です。